新たな情報源

アクセス解析という言葉をご存知でしょうか。企業のWeb担当者の多くは、耳にしたことがあるのではないでしょうか。アクセス解析とは、サイトに設置することで訪問者のさまざまな情報を得ることができるシステムのことです。例えば、どういったキーワードで製品や商品を検索する人が多いのかが分かれば、ヒットしやすいホームページを作ることができます。また、検索ワードに関連した製品や商品をオンラインショップに置くことで、目的のものだけでなく、他のものへ誘導させて売り上げにつながる可能性も出てきます。

それだけでなく、どんな国や地域からの訪問者が多いのかを知ることができれば、日本語以外の言語での案内を作成し、そうした人たちを新たな顧客として取り込むことができるようにもなるでしょう。

このほかにも、アクセス解析にはさまざまな機能が備わっているので、自社サイトやオンラインショップにまだ導入していないという企業は、一度サンプルを確認してみてはいかがでしょうか。いままで知らなかった情報を手に入れるということは、新たな顧客を手に入れるということでもあるので、企業のサイトにはアクセス解析を設置すべきですし、その情報を生かして販売戦略を練るべきでしょう。

また、アクセス解析はショッピングカートの稼働率を上げてもくれることから、オンラインショップの売り上げが伸びないと感じている企業にもお勧めです。アクセス解析を設置すれば、どのページに問題があるのかをあぶり出すことができるようになるので、売り上げの改善につながることでしょう。

企業にとって情報はとても大切なものです。ですから、情報をひとつでも多く手に入れたいと考えているのであれば、アクセス解析の設置をお勧めします。また、社内のWeb担当者だけでなく、専門家を交えたサイト改革を行うことも重要です。訪問者の購買欲を高めるためにも、アクセス解析の設置を検討してみてはいかがでしょうか。